イーフォスの使い方・充電・故障の原因まとめ【アイコス互換品】

イーフォス使い方を説明します。

アイコスの互換品ってことは分かるけど、具体的にどう違うの?って思っている人は読み進めてください。

恐らくイーフォスに関心のある人に共通していることは「アイコスは壊れやすい」ということではないでしょうか。

チャージャーとホルダーどちらかが壊れてしまうと使えないって不憫ですよね・・・。

アイコスの互換品であるイーフォスの使い方をまとめてみました。

↓特典:QUOカード300円分↓

互換品とは?

互換品って分かりやすく言えば、たばこスティックをアイコスを使わなくても吸えるということです。

2017年9月にアイバディが発売されましたね。

売れ行きも好調のようですが、まだまだ認知度が低い隠れた名品です。

アイコスは10980円しますが、アイバディは7000円なので価格だけで比べるとアイバディが有利な状況。

じゃあ、イーフォスとアイバディはどうなの?ってところですが、現在検証中なので詳しくは説明できません。

イーフォスの特徴を簡単に紹介

バッテリー容量は2000mAhなので満充電で5本分吸えます。

吸引回数もアイコスは14回ですが、イーフォスは20回です。

さらに、3D加熱システムで中にクズ(ゴミ)が溜まりにくいのが特徴。

値段は8980円

イーフォスの使い方

STEP1 たばこスティックホルダーのスライドボタンを開ける

STEP2 たばごスティックをホルダーにセットする

STEP3 電源ボタンを1.5秒以内に連続で3回押して、電源を入れる

※連続して3回押すと、緑の光が点滅します。

振動した後、予熱が始まる。

STEP4 約30秒で予熱完了。1回振動したあと点灯に変われば吸引可能

STEP5 吸引後はたばこスティックを取り出してスライドボタンを閉めましょう。もしくは、新しいたばこスティックを差し込むこともできます。

STEP6 本体がパワーオンの状態で、電源ボタンを3秒長押しすれば低温と高温に変換できる。

モード変更も可能

本体がパワーオン状態で、電源ボタンを3秒長押しすれば低温と高温に変換できます。

低温モード(初期設定)

通常の風味を楽しみたい方は低温モードがオススメです。

高温モード(3秒長押し)

強いタバコの風味を楽しみたい時は高温モードがオススメです。

※起動時は前回使用したモードが残ります。

吸引回数と時間制限

予熱が終われば、操作の有無や吸引回数、経過時間に伴い自動で電源が落ちます。

吸引回数=たばこスティック1本で約20回 発熱時間=最大5分50秒

・90秒間操作なし → 1回振動 ⇒電源が落ちます

・18回目の吸引 → 本体の緑光点滅しながら1回振動

・20回目の吸引 → 1回振動 ⇒電源が落ちます

・約5分35秒吸引 → 本体の緑光点滅しながら1回振動

・5分50秒 → 1回振動 ⇒ パワーオフ

充電サイン

付属のUSBコードはパソコンか、別売りのACアダプターの差込口に差し込み、充電してください。

充電時間:2時間でフル充電されます。

バッテリーの電量は4つのブルーライトで表示

要充電:点滅 ☆☆☆☆

0~25%:点灯1 ☆☆☆★

6~50%:点灯2 ☆☆★★

51~75%:点灯3 ☆★★★

76~100%:点灯4 ★★★★

充電完了:全点灯 ★★★★

メンテナンス方法

STEP1

クリーニングの目安につきましては、たばこスティック20~40本を目安にスティックホルダー内を拭き取ってください。

STEP2

使用後にたばこスティックの肩がホルダーに残った場合は、差し込み口を下に向けて取り出すか、ピンセット等で取り出してください。

注意事項

・ブラシなど固いものは使わないようにしましょう。

・スティックホルダーが高温状態の時は拭き取らないように注意しましょう。

・液体を使ってスティックホルダー内を掃除しないようにしましょう。

 機械ですので商品が使えなくなることがあります。

↓特典:QUOカード300円分↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です